看護師の資格について

看護師,資格

免許を取得するためには、4年生の大学もしくは、専門学校などで学ぶ必要があります。 4年生の大学を卒業した際には、正看護師の資格を得ることが出来ます。 これは、国が指定した大学を卒業し、看護師に必要な単位などを全て取得し、また病院などで実習をきちんと終えた場合に取得できます。 当然ですが、看護学部や看護学科などを出ていない、例えば経済学部などの学部を出た方が、看護師の資格を得ることは出来ません。 看護師の免許は国家資格のため、それらの試験を受講することが出来るのは、指定の大学の看護学部などを卒業した方のみとなります。 4年生大学だけでなく、3年生の専門学校などを、卒業した場合にも、免許をとることができます。 これも同じように、国から指定された専門学校などを卒業することが必須です。 また、中には2年だけ看護の勉強をした際にも、免許がもらえることがありますが、これは准看護師となります。 そのため、3年生の専門学校や4年生の看護大学を出る方が、とても多いです。 また、「準」の免許については、今後、専門性を高めるために廃止する…というような意見も出ています。 看護学部などでは、看護学の基本や、患者さんへの接し方などを学んでいきます。 看護師 単発バイトは人気の職種であり、高待遇な給仕が多いです。

看護師と准看護師について

看護師,資格

看護師および准看護師は、医療や保健などにおきまして補助的な役割を有する医療従事者という位置づけになります。専門職としての看護師になるためには、国が指定している看護学校にて基礎看護教育を修了して、国家試験に合格した後に授与される看護師免許を有している事が必要であります。准看護師に関しましては、看護高等学校および准看護師養成所にて1890時間以上の専門教育を修了した後に都道府県知事試験を合格しますと免許が交付されます。この職業の年収に関してなのですが、2011年度において平均475万円であったと厚生労働省の統計データにて報告があり、一般企業と比較した場合には高めの設定になっており、男女の差に関しましては男性が477万円の平均年収に対しまして女性は474万円で、少額ではありますが女性の方が低い数字が発表されております。また最近では国外からの労働力受け入れが重要課題となっており、この分野に関しましても積極的な受け入れを計画しております。実際には少ない人数ではありますがインドネシアやフィリピンからの受け入れが始まっており、自国にて国家資格を有する者が日本語の勉強をして日本の国家資格に合格することで日本国内での就労を可能とするものであります。 527

更新履歴

528